耐震・改修・リノベーションの設計の内山建築設計室|東大和市

 

 
 
 
 
 

フォルクスワーゲン

写真のワーゲン、旅先で出会ったものですが、恐らく1960年代のものと思われます。建築で言うと1981年以前でもあり、築50年以上にもなるので通常は、ほとんど無価値なものです。
このワーゲン、中古車として流通しているものを調べてみると、200万、300万の価格となっています。クルマとしては、立派な価格だと思いますが、やはり名車だからでしょうか。
建築物は不動産なので、立地による価格の影響は避けられませんが、築50年以上で建築物として立派な価格で評価されるものはなかなかないです。
あるとすれば良質の素材が使用された古民家、有名な建築家が関わったものや時代の特色を示したものなどの限られたものだけで、建売住宅としてできるだけ安価に大量に生み出された建築物は、現場の施工レベルもまちまちで、良質なものはほとんど稀です。
空き家が大量に出て、問題になるのは、やはり大量で生み出された品質の低い建売住宅が問題になるはずです。
どう生かしていくか?問われる時代と言えそうです。

 
 
初心者ホームページ作成