インスペクション、耐震、リフォーム、設計の内山建築設計室|東大和市

 

 
 
 
 
 

竹富島

沖縄県の竹富島は、年間40万人以上の観光客が訪れる所です。
ここの島の魅力はなんと言っても、ここで今現在、生活が営まれていることではないかと思います。過去の歴史的な民家を集めたテーマパークも確かに魅力的ですが、そこには生きた「生活」はありません。竹富島に来れば実際に住まいとして使用されている昔ながらの民家や街並を見ることができるのです。
しかし、昔ながらの民家を保つために建築物にかかる規制も激しいものがあるようです。
外見の色合いはもちろんのこと、2階建ても禁止の規制があるようです。しかし、人々が住む以上、最低限の現代に普及する機器は使用しなければなりませんので、電柱があったり、テレビアンテナがあったりと必要なものは景観を崩さないように慎重に設置されています。
また、建築技術基準が向上するに伴い、建物本体の骨組も本来ならば手を入れて向上させていくべきものです。
この直後、台風15号が訪れて風速60m以上の突風が吹き荒れましたが、そのたびに修理保全して使用して次の世代にまちを受け継いでゆく人々の苦労があるからこそ・・・とも言えます。
スクラップ&ビルドの現在の日本の街のあり方と対象的なストック型の街の究極な事例とも言えますが、これからの街のあり方のヒントがあるように思えます。

 

 


*画像をクリックすると原寸で表示します。

 
 
初心者ホームページ作成