インスペクション、耐震、リフォーム、設計の内山建築設計室|東大和市

 

 
 
 
 
 

国登録文化財 金具屋

中心となっているのは木造4階建ての斉月楼と130帖の大広間です。昭和11年に斉月楼は完成していますが、今でもその姿を保っています。構造体は時代の変遷に耐えていくことは可能ですが、設備は改良というよりも交換、新たに設置という手段をとらなくてはならないのでその設置や配管に苦労することが結構あります。技術的なことだけ言えば、更地にして建替えるほうがよっぽど簡単です。しかし、良いものを継承して伝えていくことの大切さや大変さが尊ばれる必要があることもこの建物に関わる人々から学び取れるように思えます。
また、法律の点もクリアーが困難です。現行法規では耐火性能のない状態の木造4階建ての旅館という形は認められませんので、通常ならば使用不可の状態で保存(昔は旅館でした・・・のような感じで)ですが、文化財として特別に認められているようです。
法律を守れない中で、安全面と文化財としての保存(雨漏り対策などの補修も含めて)対処せねばならないので泊まる側の人たちも火災を起こさないような注意が必要となってきます。
 

 


*画像をクリックすると原寸で表示します。
 
 
初心者ホームページ作成