インスペクション、耐震、リフォーム、設計の内山建築設計室|東大和市

 

 
 
 
 
 

大規模な補強工事をいかに最小限な負担ですませるか。

 もともと構造評点があまり高くなかったため、比較的大きな補強工事が必要となりました。
しかし、お住まいになられているのでいかに住んでいるオーナー様ご家族の心理的な負担を減らせるかに設計でかなり思考錯誤しました。
方法は外壁を外から補強すること。但し、このような部屋が三つ、四つと連なる家においては外壁のみの補強だと計算上はOKであったとしても有効な補強とは言えない場合が多くあります。
今回は、補強の軸となる部屋を中心に決め、そこを基礎から天井に至るまで徹底的に補強しました。
このように補強の軸となる部屋を徹底的に補強するというメリットはそこにしか工事業者が出入りしないということです。通常はできるだけ各部屋に補強の壁をバランスよく分散して配置するので、あちこちに工事業者が出入りしてしまい、住んでいる方の負担も大きいものです。
 


*画像をクリックすると原寸で表示します。
 
 
初心者ホームページ作成