インスペクション、耐震、リフォーム、設計の内山建築設計室|東大和市

 

 
 
 
 
 

福祉の国、北欧へ。

福祉の充実した国と言われる北欧へ行った時の写真です。フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークと旅をしました。海外へ行くときも基本的に一人旅です。かつできるだけ徒歩を使うようにしています。やはりその国の文化を知り、人々との建築の関係を知るには、一人旅+徒歩が最も相応しいと思っているからです。
また、この旅では、フィンランドの建築家、アルバーアアルトーの建築もできるだけ見るようにしました。
印象に残るのは、街並にしっかりと時間が刻み込まれている様子でしょうか。
建物のひとつひとつが時間が積み重なり、道行く人々に歴史を感じさせてくれます。
建築技術の向上とともに造っては壊してを重ねてゆき街並を変化させてゆく・・・というスクラップ&ビルドの手法もひとつの解かもしれませんが、街並を形成する建築物を再生するデザイン、技術、法律の整備、向上させていくことも大切な事と思います。

*画像をクリックすると原寸で表示します。
 
 
初心者ホームページ作成