インスペクション、耐震、リフォーム、設計の内山建築設計室|東大和市

 

 
 
 
 
 

築年数を重ねた家をどう再生させるか

築50年の家の耐震補強工事です。1階2階を含めてかなりの箇所の補強壁を設置しました。
また、外壁や室内の一部も改修して、再生をさせていきました。
原プランが整っていたこともあり、耐力壁の配置は決めやすかったのですが、地盤が比較的軟弱な地域でもあったので、補強量を通常よりも5割ほど割り増しして設計をしています。
軟弱な地盤の地域では、同じ地震のエネルギーでも揺れが増幅されるので、設計段階で特に注意が必要です。
 


*画像をクリックすると原寸で表示します。
 
 
初心者ホームページ作成