インスペクション、耐震、リフォーム、設計の内山建築設計室|東大和市

 

 
 
 
 
 

日本人には日本の家を。

日本の住まいは日本という国で 最高の性能を発揮します。
それが今、様々な危機にさらされています。
地震に備えて、より強度を求められるようになってきています。
そして福祉。日本の古来からつかってきたモジュールでは 不適切という話。
さらには、省エネ。日本の木と紙が中心の造りでは断熱性 が劣るという話。
でも、日本の住宅のよさを見直して、それを発展させること で日本住宅のよさを十分に引き出し、人々に真に安心とやすらぎを与える家と変えることも可能です。
日本人には日本の家を。そして30年というサイクルで壊されてきた家を生涯にわたり過ごせる家へ。 この思いをもって日々邁進しています。

日本の家


  

設計
まず工事の前に徹底して計画を詰める

設計がまず大切です。 お話をしっかりとヒアリングしていきます。
きちんと今後の生活像をはっきりとさせ、プランに反映させることから始まります。

 

耐震
とにかくできるところからやる

地震による不安が増している昨今ですが、とにかくできると ころからやろう!この言葉を合言葉にやっています。
なかなか踏み切れないものですが、他のリフォー ム工事とやると経済的ですし、リフォーム効果も上がります

 

調査・インスペクション
住まいを調べる

住まいを中古で購入する動きが日本でも、ようやく本格的になってきました。
住まいを売るとき、買うとき、まずは、品質のチェックが必要です。
 

 

 

 

 
 
初心者ホームページ作成