インスペクション、耐震、リフォーム、設計の内山建築設計室|東大和市

 

 
 
 
 
 

建築を再生する設計

安心で快適な家や店そしてオフィスがある-この当たり前とも言える権利が得られている人がどれくらいいるでしょうか。
建てられてから30年も経てば建物の劣化も目立つようになり、自然災害による被害も多い日本では建築技術も進歩もあり、建替えるか改修するか選択を迫られる時期がきます。          
そんな時、経済面からだけでなく環境面や文化面も含めて改修のほうがよりよい場合があります。 

日本には古くからモッタイナイの精神があります。

現在建っている建築をトータルにパフォーマンスを向上させるようなデザインにより再生させていくーモッタイナイの精神を生かしていくーことを追及して行きます。

日本の家


  

設計
まず現状を把握し、工事の前に徹底して設計図を詰める

設計がまず大切です。 お話をしっかりとヒアリングしていきます。
きちんと今後の生活像をはっきりとさせ、プランに反映させることから始まります。

 

現状を把握し、補強方法を検討

耐震化技術の進歩により建築した時期によっては補強が必要となります。耐震性能を向上させる方法はひとつとは限りません。考えられる選択肢から最良なものをご提案致します。

 

調査・インスペクション
住まいを調べる

住まいを中古で購入する動きが日本でも、ようやく本格的になってきました。
住まいを売るとき、買うとき、まずは、品質のチェックが必要です。
 

 

 

 

 
 
初心者ホームページ作成